様式Ⅶ:食品関連事業者及び届出食品に関する基本情報/作用機序

食品関連事業者に関する基本情報

届出者の法人名 森永乳業株式会社
届出者の代表者氏名 宮原 道夫
届出者の住所 東京都港区芝5-33-1
製造者の氏名
(製造所又は加工所の名称)及び所在地
※複数ある場合、全てを記載
アリメント工業株式会社 新富士工場                   静岡県富士市蓼原 889-2                 新富士第二工場                   静岡県富士市蓼原1082-1                 本社工場                   山梨県南巨摩郡南部町南部7764
消費者対応部局
(お客様相談室等)の連絡先(電話番号等)
0120-303-633
情報開示するウェブサイトのURL https://www.morinagamilk.co.jp/supplement/
届出事項及び開示情報についての問合せ担当部局 部 局:営業本部 マーケティング企画部
電 話:03-3798-8179



届出食品に関する基本情報

商品名 生きて届くビフィズス菌BB(ビービー)536
名称 ビフィズス菌(生菌)利用食品
食品の区分 加工食品(サプリメント形状)
錠剤、粉末剤、液剤であって、その他加工食品として扱う場合はその理由
当該製品が想定する主な対象者
(疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を除く。)
おなかの調子を整えたい健康な成人(ただし、妊産婦及び授乳婦を除く。)
健康増進法施行規則第11条第2項で定める栄養素の過剰な摂取につながらないとする理由 本食品の一日当たりの摂取目安量(1カプセル)当たりの健康増進法施行規則第11条第2項で定める主な栄養素は次のとおりである。 ・脂質      0~0.01g ・食塩相当量  0~0.01g  (ナトリウム換算 0~3.94mg) ・糖質      0.12g  (糖質がすべて糖類(遊離糖)と仮定しても、糖類の量(最大値)は0.12g(0.5g以下)) 食品表示基準の栄養素等表示基準値によれば、健康増進法施行規則第11条第2項で定める主な栄養素の摂取量は次の通りである。 ・脂質      62g ・ナトリウム   2900mg  以上のことから、脂質及びナトリウムに関して過剰摂取にはつながらないと考えられる。 糖類については食品表示基準の栄養素等表示基準値が設定されていないため、WHOのガイドライン(Sugars intake for adults and children Guideline, 2015)を参照し摂取基準値を次のように考えた。 同ガイドラインでは、糖類(遊離糖)の摂取を一日の摂取カロリーの10%未満にすることを推奨している。したがって、栄養素等表示基準値において示されている成人の熱量2200kcalから算出される糖類の摂取基準値は55gとなる(2200kcal×10%/4kcal(炭水化物の熱量)=55g)。   本食品の糖質をすべて糖類(遊離糖)と仮定しても、上記の本食品の一日当たりの摂取目安量(1カプセル)の摂取において、糖類摂取量は上記の摂取基準値より十分に小さいことから、過剰摂取にはつながらないと考えられる。
販売開始予定日 2018年 02月 05日



別紙様式(Ⅶ)-1作用機序の確認をされる場合はこちら→ファイル