様式Ⅰ:届出食品の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け)

販売しようとする機能性表示食品の科学的根拠などに関する基本情報

商品名 長野県JA(ジェイエー)産えのきたけ
食品の区分 生鮮食品
機能性関与成分名 GABA
表示しようとする機能性 本品にはGABAが含まれます。GABAには血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。
届出者名 全国農業協同組合連合会
当該製品が想定する主な対象者(疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を除く。) 血圧が高めの方(血圧が正常高値の日本人男女(疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を除く。))
機能性関与成分はエキスである

1.安全性に関する基本情報

(1)安全性の評価方法
届出者は当該製品について、
喫食実績の評価により、十分な安全性を確認している。
既存情報による食経験の評価により、十分な安全性を確認している。
既存情報による安全性試験結果の評価により、十分な安全性を確認している。
安全性試験の実施により、十分な安全性を確認している。
(2)当該製品の安全性に関する届出者の評価
えのきたけは1931年長野県松代町から人工栽培が始まったと言われており、今では全国的に食べられている。昭和から平成にかけてその生産量は年々増加しはじめ20年以上にわたり100,000 t以上ものえのきたけが生産されている。2017年には年間135,745 tのえのきたけが生産されており、きのこ類の中では最も生産されている(林野庁:主要な特用林産物の平成29年の生産動向より)。また、農林水産省が行った「平成13年度食料品消費モニター第2回定期調査結果」によるとえのきたけの家計における購入頻度は66.9%であり、きのこ類の中で最も購入頻度の高い項目であった。 本品の機能性関与成分であるGABAは様々な食品に含まれ、自然界に広く分布するアミノ酸の一種であることから、日常的に食生活で摂取されている食品成分であると考えられる。また、特定保健用食品や機能性表示食品等の血圧が気になる方への商品としてGABAを配合したものが数多く販売されているが、適切な摂取であれば、安全性について問題がないと判断されている。 以上のことから、えのきたけは十分な喫食実績を持っており、機能性関与成分GABAにおいても安全性を懸念する報告はないため本品の安全性に問題はないと判断する。
(3)摂取をする上での注意事項
本品は多量の摂取により疾病が治癒したり、健康が増進したりするものではありません。降圧剤の服用など高血圧治療を受けている方は医師、薬剤師にご相談の上でお召し上がりください。

2.生産・製造及び品質管理に関する情報

長野県安心安全マニュアルと長野県GAP基準を基にしたきのこ栽培工程により「長野県青果物出荷基準表」を基にした等階級に分けて出荷する。

3.機能性に関する基本情報

(1)機能性の評価方法
届出者は当該製品について、
最終製品を用いたヒト試験(ヒトを対象とした試験)により、機能性を評価している。
最終製品に関する研究レビュー(一定のルールに基づいた文献調査(システマティックレビュー))で、機能性を評価している。
最終製品ではなく、機能性関与成分に関する研究レビューで、機能性を評価している。
(2)当該製品の機能性に関する届出者の評価
【標題】 最終製品「長野県JA(ジェイエー)産えのきたけ」に含有する機能性成分GABAによる血圧低下作用に関する研究レビュー 【目的】 正常高値血圧者およびⅠ度高血圧者の成人男女においてGABA を含む食品の継続的な摂取が血圧を低下させるかについてヒト試験論文の研究レビューを実施し、検証した。 【背景】 高血圧は心筋梗塞や脳卒中などの重篤な病気を引き起こすと言われており、日常から至適な血圧を保つことが重要とされる。また、生活習慣病の中でも患者数が多く、加齢との相関も報告されていることから、今後ますます進展する高齢化とともにさらなる患者数の増大が見込まれる。 GABAは、茶、大根の葉、発酵食品や発芽玄米などさまざまな食品に含有されており、自然界に広く分布するアミノ酸の一種である。抑制性の神経伝達物質として知られており、GABAの血圧低下作用については多数の研究報告がされている。そこで、正常高値血圧者である“血圧が高めの方”およびⅠ度高血圧者を対象として、GABAによる血圧低下作用について研究レビューを実施した。 【レビュー対象とした研究の特性】 PubMed、JDreamⅢ、医中誌の各データベースを情報源として文献検索を行った(最終検索日2018年12月11日)。その結果、計634報の文献が検索され、適格基準で選抜した結果、計11報が採用された。最終的にそれら11報の文献を評価した。 【主な結果】 採用された11報の文献からGABA12.3 mg以上を含む食品の摂取で正常高値血圧者およびⅠ度高血圧者の血圧の有意な低下が認められた。また、正常高値血圧者を抽出した層別解析でも同様に血圧を低下させる作用があることが示された。 【科学的根拠の質】 本研究レビューを通して、バイアスリスクや出版バイアスの疑いがありエビデンスとしての限界はあるものの、GABAの血圧低下作用に関して一貫性を否定するものではなく、GABAを含む食品の摂取により血圧が高めの方の血圧を低下させることには肯定的な科学的根拠があると判断した。
変更履歴
(R2.2.7)別紙様式(Ⅵ)添付資料 表示見本表記内容一覧の差替え。

届出後の届出項目

(届出日から60日経過した場合)販売状況
 販売中  販売休止中
 (機能性表示食品(再届出)である場合)同一性を失わない程度の変更を行う届出食品の届出番号及び同一性を失わないとする理由
届出番号
同一性を失わない理由
(事業者団体等の確認を経た届出である場合)確認を行った事業者団体等の名称
届出撤回の事由